2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

2019年5月24日 (金)

~今、オッサンとして~

嗚呼 金がない。

核弾頭を盗んで売ればいいかも知れない。

運べるよう体を鍛えればいいかも知れない。

ともかく

自殺すると中々成仏出来ないらしい。

病気だと知らないままでの不慮の事故死でも「病気を治してない」という理由で中々成仏出来ないらしい。

だから自殺とか薬物はやめて欲しい。

2019年5月19日 (日)

アル・パーチノ。

タイトルは意味なし。記事内容はイタリアンテイスト皆無。なぜなら自身の近況だからである。

北九州に戻り新たな会社でスタートしている。

高校専門学校のJR通学したきり

二十数年ずっとマイカー通勤だったが今はJR通勤になった。

会社で制服に着替えてとか勝手が今までと違うというのはあるが、

職場の人は優しく体感二十年前はこんな職場が多かったなという印象である。

 

2019年5月14日 (火)

画。

文章よりも解説付きの画像のほうが情報量が多くて分かりやすい。動画はそれを上回る。

しかし動画も見ていると音声だけ聴くだけになる。

平行して活字を追いかけたくなる。それも紙で。元に戻る。

同じ消費時間で情報量が多く分かりやすく効率良いいからこれが一番とする時代だが、

考えや想像力が削がれるのは本末転倒では

なかろうか。

TV。

水曜日のダウンタウンといいガキ使笑ってはいけないといいシチュエーションや設定がミステリー小説そのもの。

作家の高っちゃんの仕業であろうか。しかし過去の高っちゃんの言動からは接点すら感じない。

ならこの発想は誰だろう。

このこと自体がミステリーや。

2019年5月13日 (月)

こじつけだが当たってると思う。

ダウンタウン松本人志浜田雅功続いて放送作家の高須光聖

彼ら三人は幼馴染みである。

松本の名は「人を志す」になる。

常人を越える笑いのセンスは敢えて常人目線で笑いを追及することから生まれるということなのだろうか。

高っちゃんの名はクリスマスイブに生まれたことが由来である。

当初、「聖なる光」から「聖光」だったが役所に提出したときは「光聖」に間違って替わってたらしい。

「光を聖する」とすると確かにTV画面は発光する仕組みである。

放送を聖なるものにする。と解釈すると面白い番組を追及し続ける敏腕放送作家として放送を聖なるものに近づけてるのであろうか。

分かりにくいのが浜田雅功。

分からん。

雅(みやび)を功(いさお)とするになる。

確かに雅なツッコミをしてるなぁ。そのツッコミで貧乏から雅なお笑いスターにのしあがったわ。

三人とも名の通りの人生歩んでるなぁ。

 

2019年5月12日 (日)

時事。あの頃は。

令和になって思い出すのが1999年~2000年。ノストラダムスの大予言。

空から恐怖の大王が降りてくる予言から核ミサイルか天変地異かと言われていた。

だからナンパしたりされたりの光景を夜のコンビニの駐車場の車内から焼きそば食いながら良く見とった。

店員に妙な仲間意識を持ったもんだが「バイト終わればナンパたい。」一緒すな!のオーラを全力で出される。

男女問わず。こちとら客たい。そんなしょうもないオーラ出すな。どうせ盛ってオーラ無理に出しとんのやろ!

ノストラダムスを信じる薄っぺらいバカどもの癖に!俺を誰だと思ってるんだ。

ヒトラー並の独善でノストラダムスを信じてる同年代を見下すという字面で分かりにくい状況。

あのノストラダムスネタ執筆のオッサンってマスコミあたりが叩いたり追っかけ取材する動きってなかったし今もない。

芸能人の不倫なんか叩くがこういうのは動き無いのはなぜだろう。

自分等も「ノストラダムス特集」とかスペシャル特番組んでたからかなぁ。

自分達が乗っかった上に時期が過ぎると叩く厚顔無恥さ加減がマスコミの真骨頂だと思うんたが視聴者のクレームを恐れての事なのかなぁ

 

2019年5月11日 (土)

天丼的に繰り返す。

寒い冬にコンビニに車を止め休憩。仕事量が多くて休憩も長くなってた頃。

怖そうなオジィが「兄ちゃんタバコくれ」というから誰が置いたか分からない車内の缶コーヒーを添えあげた。

北九州市だからね。

オジィが私の運転する会社の車をみて「ほぅ。ここの会社はしっかりした家建てるよなぁ。」

「・・・・車のなぁエンジン回してる時エンジンから周波数出してるやろ」

「米軍はその周波数を感知するセンサーを基地に置いとるんよ。日本の警察も知っとる。」

仁義を重んじる団体も同等のセンサーを事務所に設置してるということだった。

ただ米軍車両と日本のある自動車メーカーのトラックは周波数が同じなため運送会社のトラックが近づくと米軍車両と判断する。これはその自動車メーカーも把握してるとのことだった。

へー。

米軍車両はハンヴィーか?

ランクルってトラックのエンジンで、僻地での過酷な使用に耐える。

その辺かもしれんが推測と想像につき真実はわからん。

オジィの話はつづき昔の勤め人時代へと流れる。

この話を聞いた数年前の当時のわたしは共感し聞き入った。

ある会社に勤めてたとき仕事が順調にも関わらず得たいの知れない不安感に襲われたという。

当時のオジィはそこでなぜか自分でも分からんがそれまでのスポーツ新聞から経済新聞に変え数紙の新聞を読むようになり、経済や世の中の流れが分かるようになったという。

時を隔てオジィが転職し、違う会社で頑張っていたとき、またあのときの不安がよみがえりその時は新聞ではなく何故か聖書や論語を読み耽ったという。随分後になって知ったが最初の会社は一族が今のネズミ講の走り的なものに傾倒し社員が強制加入させられ勧誘ノルマがあったらしかった

二回目の会社は社長以下役員が「先生」と呼ばれる霊能者みたいなのに心酔してたという。

ふたつの会社とも知り合いなど居らず分からないまま職安経由で入ったから勧誘やノルマが課せられることはなかったらしい。

オジィからは自分の勘を鍛えた方がいいと言われた。

今から振り返ると当時のわたしは仁義な事務所の近辺を会社のトラックで回ってたのかも知れない。

あの時は既客訪問のノルマがあったから。

無論仁義な事務所の所在なんか分かるわけ無い。

知ってる人はしってるらしい。

北九州市だからね。

あのオジィは知らないにしても近づかないほうがいいと教えてくれたのかもしれない。

以前変な建物の辺りで車止めてたらガチのヤクザが出てきてめっちゃ睨まれた。

散髪屋やおふくろに聞くとあそこは事務所だという。有名だからみんな知ってるという。

知らんかった。

北九州市だからね。

2019年5月 8日 (水)

様々なジャンルのSNS発信。

SNSにて。

ある程度の支持と一定の静かな知名度のあるところにおいて気になる部分がある。

「やることはやってますか?」の内容で始まり「わたしは読書で過ごしてます。」

って始まりと締めくくりが酷すぎる。

来訪者を当たり障りの無い言葉で厳しく牽制し自身はスタイリッシュな時間の有効活用に成功してます。

何なんだ。お前は!。腹立つ!意図的な悪意さえ感じる。

だって本当にスタイリッシュに捻出した時間を注ぎ込むほど読書を重視してたら文章構成とか使う言葉なんか自然と分かるだろう。

お前本当に読書してんのか?。

バカかバカにしてんのかどっちかだ。

一回通過したぐらいで零細企業の社長か貧乏な宗教の教祖みたく振る舞われても困るよなぁ。

あんまり酷い文章構成のSNS発信は読書全くしてないわたしでも分かる。

読書量がその人を支えるのであってネットで摘まんで集めるのはTVを見るのににてると思う。

2019年5月 3日 (金)

連休中

塾などの先生は問題解答なんかに特化してるわけだからそれ以外の生徒の悩みや進路にヘタに乗ってもなにひとつ指導出来ないわけだから

「受験指導以外は出来ません」

「悩みは和尚さんか何かにしてください」とした方が得策だろう。

だって実際にびっくりするほど何にもアドバイス出来ないんたから。

本人は出来ると思ってアドバイスしてるだろうがわたしから見ると出来てない。 

解答に詰まると必ず自分の中で少しずつ貯めた何かの名言集をいきなり浴びせて来るが、理解出来るかっての!。

無論、名言の内容が理解できないのでなく、

急にこの状況タイミングシチュエーションでその名言のようなものを持ち出されることが理解出来ないという意味である。

悩みを打ち明けられても、

「俺は受験指導以外なにひとつ指導出来ない。それが俺の悩みだ」と吐露して返したほうがいい。

 

2019年4月26日 (金)

合物の繰り返しアナウンス。

合物でのアナウンスで「解説を流し読みしましょう」ってある。

分からない中で解こうとすると、

分からない=聞いてるところが分からない

から分からない原因が思い込みによる要因なのか読み落としなのか原因が分からない。

解説から読むと何を聞いてるかが分かるから読み落としや思い込みなんかが自然と回避される。

結果シンプルな考え方で解くことで、「何を聞いてるか」に回答することにだけ集中出来る。

勉強下手なわたしは解説から読むと「1問も解けてない」と不安になるが

よくよく考えるといきなり解いて正答不正答に一喜一憂しながらジワジワ集中力を削がれる。

そんな展開しかない。

だったら先に解説読んで流れや回答ポイントを先に掴んで問題や各項目をジワジワと追い込んで行った方が得策だろう。

問題にジワジワ追い詰められるより少しずつ追い込んで行った方が良い。

追い込むだけのスタミナが必要不可欠だなぁ。

«続 横柄モード。