2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

野口晴哉

フォト
無料ブログはココログ

2018年6月16日 (土)

昨日面接行った。

とある住宅展示場にて面接したが、その展示場は前職の会社も展示してるから昨日は営業まっちゃんとアドバイザーのまえぴょんがにこやかな感じでこちらに気付いたので挨拶した。
非常に愛想が良かった。
一昨日の夜は夢で前職の本社アフター部長が「お前、元気しとったかぁ?頑張ってやっとるかー」と夢に出てきた。現実以上の柔和な笑顔だった。
良い感触だったが結果は掴めない。

2018年6月15日 (金)

換気。


計画。

温度差換気において外気温度が室内温度よりも高い場合中性帯よりも下方から外気が流入する。


×
室温が外気温より高い場合下方の開口で吸気し上方から排気する。

中々覚えられんしよく間違う問題。

https://youtu.be/NWTz1K6iwko

上記は焚き火の動画。
小学生のころ燃えやすい物を下にして火がつき始めたら徐々に大きな木を乗せてたが
この動画は逆。 
しかし、しっかり燃えている。
温度差換気の原理で、小枝の中が高温となり下の太い木から吸気し上へと排気してるからどんどん小枝継ぎ足そうと葉っぱで覆おうと燃え上がるんだー。
服部氏は「熱を逃がさない熱をこもらせる」と言ってる。

このように覚えると絶対忘れんわー。ええわー。
⬇️BBQの季節も近い。炭火の付け方も。これも温度差換気の原理でやってる。
こうやって結びつけると温度差換気って超合理的で無駄がないわー。

https://youtu.be/1JLpcmtooIY

我々は燃えにくい建物を作っているから「どうしたら燃えるか」
はあんま考えない。しかも仕事柄炭はのっけから必ず得意げにブロアで吹く。

2018年6月13日 (水)

施工コンクリート。

軽量コンクリートの短期許容圧縮応力度はその設計基準強度と同じである。


長期、短期なら解けそうだが短期許容圧縮応力度に設計基準強度と来るとわからん。
解説だと
軽量コンクリートも普通コンクリートと同様に短期許容圧縮応力度は設計基準強度の2/3となる。
とある。
コンクリートの短期の値は長期の2倍
Fc*2/3
「短期は長期の2倍」かどうか問えばいいのに。
Fcって「設計基準強度」のことだったんだな。
そーか。知らんかった。
これで解決。

このように二級の学科もまた、暗記系を嫌い、落としにかかる。
25歳のころ初受験したときは、×問や数字を暗記してれば合格した。
この頃から×問って無意識にやってた。

2018年6月11日 (月)

懸念してたが出てきた。

五択の本試験問題を年度別でペラペラとやってみた。
ボロボロと不正答を繰り出す。
×問を覚えてる枝は正答出来るが違う問われ方どころか違う枝の組み合わせになると
全く太刀打ち出来ない。
そういう項目の共通点は基本部分が分かってなくてなんとなく正答出来てたことが大半を占める。
フォーカスポイントどころではない。
無論、フォーカスポイントも分からないのだが。

実家の隣2。

車庫の内壁を施工し始めた。
「するんじゃねーか」「でもそれはないだろうな」
とかよぎってはすぐ忘れてたが・・・
内壁に桧の板を打ってた。
内装制限で引っ掛かるだろう。
桧の油で燃えるときよく燃えそうだな。
車庫は隣家と引っ付けて建ててるが納まりや雨仕舞いが気になるなー。

2018年6月10日 (日)

秘技早回し。

二級学科。
今日、500問早回ししたった。(非合物。当然だが。)
きつかった。
出題頻度の少ない項目ほど間違いが多かった。
法規と施工
構造文章や計画はサクサク進んだ。
計算問題せんとなー。

2018年6月 9日 (土)

実家の隣。

隣家が木造の車庫に建て替えてる。(景気のいいオッサン夫婦だ。)
外壁サイディングの下地の胴縁が横打ちなんでサイディングは縦貼りなんだろうと特段気にしてないしよく見てもなかった。
親父はこういうの好きなんで逐一観察し大工さんに話しかけてる。
気にしてないが「ん?」と感じた。
胴縁を隙間無く横に打ち付けてある。
通気のため隙間あけて打たないといけない。
車庫内の壁の仕上がりとかわからんし、隣の家だが、良いのだろうか。
外壁の施工はサイディング屋でなく大工さんが貼ってるのだが
現場チラ見する限り知らずに施工してるふうにさか見えない。
試験とは関係無い出来事。

2018年6月 7日 (木)

構造文章

二級学科。
ピロティ階の必要保有水平耐力は、剛性率による割増係数とピロティ階の強度割増係数のうち、大きいほうの値を用いて算出する。

地震力Qiの算出式のなかに端的に言えば必要保有水平耐力計算が含まれる。
地震力Qiが小さければ建物に作用する地震力は小さくなる。
割増係数が大きいほど大きな地震力が作用するものとして見込める。
だから、○。
今頃こんな理解力でいいのだろうか
懸念。

続、山賀。

最近FBで山賀がセルフポートレイト?をアップしてた。
セルフポートレイト?。セルフィーというのだろうか?
とにかく自撮りだ。
本名は「山賀」ではない
「山賀」よりもメジャーな名前だが、あの顔はマジあいつ。
ちょいワルおやじ(古い)を意識してるのだろうか、
クド目なポロシャツ(ノンラコステタイプ)にアクセサリー身につけゴシック的なソファーに座ってた。
頬骨まで隠れるデカレンズなグラサンは昔のMr.マリックを彷彿させる。
全体的にまとまりのない何系なのかカテゴリー不明な格好でそのひとつひとつがあいつの好みというか小学生のころあいつの母親が買って着せてた服を思い出す。
仕事の関係だろうか頭は薄かった・・・・。
あのソファー。風俗の待合室だろうか。古典を継承する家具ではないなと思った。家具のこと分からんが。
「時々浮気もしてる」という友人?へのコメントで統一された醜悪感を際立たせる
相変わらず性欲が強いということだ。
給料は良いだろうな。メジャーな大学出てるから。あいつの父親は当時中堅ゼネコンの次長だったな。
FBはあんま合わない。

面接行ってその後。

面接落ちて不採用。
面接官の聞きたいことに答えていないからというのが理由らしい。
具体的には分からない。
正直行きたくなかったから良かったが「意図を汲み取れていない」のは痛い。が、
面接官は、「施主から怒られることがよくある。」と言ってたが、この曖昧な言い方と表情とイントネーション具合などに加え面接時の求職者(わたし)への問い方からして察するに向こうも施主の意図を汲み取れていないんじゃないかと。
自分が出来てねーやん。

«面接行った2