2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

野口晴哉

フォト
無料ブログはココログ

2018年1月15日 (月)

近況。

次の仕事が決まらん。

決まらない場合ホームレスも含め他業種も視野に入れる。

その場合、建築をやめる。

もう、しょうがない。

2018年1月12日 (金)

建築業界。

4~5年前漠然と思った。

木造の世界はどんどん工法が簡略化されてる。

最たるものはプレカット。

昔は大工さんが木材に墨付けして刻んでたことがほぼ無くなり工場のプレカット材を棟上時に組み上げるようになった。前の前の会社は墨付け刻みしてた。

昔ながらの腕は良いが頑固な大工さんよりも愛想が良くて性能の良い電動工具をいかに多く持ってるかが大工さんの評価の基準になってる。

新建材、サッシメーカーもエンドユーザーサイドでメンテナンスすることに力入れてる。

リクシルはエンドユーザーが部品を手に入れられるよう専用のフリーダイヤル設けてる。

たしかここのCEOはジャックウェルチから直接経営を学んだ米国手腕な人だったと思う。

景気も悪く少子高齢化で

この先もっと簡略化が進めばエンドユーザー側で米国みたく自分で家を建てたり倉庫建てたりするのが当たり前になってくるんじゃないかと。

このまま行くと主流になってる安いだけのローコスト住宅は先が見えてるのでは?

逆にハウスメーカー。いづれも独自性の無い中途半端なコンセプトだと先が無いのでは?。

現に今芸能人がDIYやっててユーザー側がそれに触発されてる。

本業である以前のアフター課の人間が

「ディーアイワイ、ディーアイワイ!。インパクト欲し~い。」とやたらと言うからそういうことかと。

「ヒロミがさーヒロミがつかってるメーカーのインパクト。あれ、良いんだよね。」

どこがいいんだ。

本業ならマキタ使え!。

だんだんと本業とユーザーのレベルが薄くなってる。

そんな中で本業として建築屋として生業をやっていくには・・・・とか数年前からの考えが明確にそして現実になってる。

ペンギンさんがDIYの企画立ち上げてる理由を肌身で感じる。

それと平行して建築業界。ペンギンさんが「技術者が少なくなる。」とかなり前から言ってた。

全然実感しなかった。

理由は以前の会社に入るまで何度も会社落ち続けてたから。

今、求人が多くなってる。

流出した人材はもう戻ってこないだろう。わたしならもう戻らない。

ブラックって言われてる住宅会社、建設会社。人材消耗するだけして人を補充するやり方では人が居なくなる。居なくなったら長期的には自分の会社も先細りになるだけではないだろうか。

あと、規模の小さい会社で設計の求人でもないのに要1級建築士ないし2級建築士を求人に掲げてる会社。

来ねーよ。その条件で。自社の人間を育てるとかしないで安く手っ取り早く建築士を雇おうとかの魂胆しか見えない。まぁノー免許のわしが言うのも何だが。

私の実感として今は職人が居ない。次に施工管理者。どんどん設計者も居なくなるんじゃないか。構造設計できる人はさらにいなくなるんじゃないか。法令くぐり抜ける新たな手法が水面下で出てくるんじゃないか。もうすでに幾つもくぐり抜ける手法を確立してる専門の集団が存在してるのかも知れない。法令のプロ集団建築指導課が思ってもみないような手口が。

そういやゴマさんがスーツでキメてたな~。なんだろう、あれ。

2018年1月 2日 (火)

近況。

年末ラーメン食い行った。

席までの案内が長い上に出来上がったラーメンがのびてた・・・。

特に忙しい風でも無いのに・・・。

腹立つ。

これはワシの2018年を暗示してるんじゃないか

わしの手相には良いとされる神秘十字線なる相がいくつかあるが良い事など全く無い。

2017年12月27日 (水)

面接行った。

年末に職なしってケース、わしの人生で結構な比率な気がしてならない。

足の爪のアカほじくって匂いながらそう実感す。

2017年12月25日 (月)

明日面接。

面倒臭い。

嫌だ。

今までの浅い経験上 やる気満々で行くと嫌なことばかり聞かれて落とされる。

だからやる気なく行く。

応援しろ。

嗚呼皿倉山が恨めしそうにワシを見下ろす・・・・。

若いころの話。

20年前

「アナタは仕事のセンスがいい!。才能がある。是非当社へ。月給60万です。」

と来ないかなと漠然と考えてた。

何のどんな仕事とか設定はアバウトで。

当時、「伊藤家の食卓」ってバラエティ情報番組あった。

MCの伊東四郎氏が、突然

「オレねぇ若いころさぁ『あなたは実は大金持ちの息子なんです。』って誰かボロアパート訪ねて来てくんねかなって思ってたけどそんな人生は来なかったねぇー」

と発言。

そうかそんな人生来ないのかと当時爆笑しながら思った。

伊東四郎氏に妙に親近感を覚えたものだ。

2017年12月21日 (木)

タイトルなし。

ユニクロが廉価なジーンズ出して以降の日本のジーンズメーカーの凋落は想像できなかった。

安さ、耐久性、基本的な機能性だけで言えば昔ながらの作業服メーカーのボトムズがユニクロに勝てるのでは

ふと。

新卒者は渦中のゼネコンなんか狙い目なんじゃないか。

そんな簡単なことでもないかー

今年の名言

「ブラック企業を作り出してるのは発注者だ、というのが、経験上の俺の感想。それ以外はない。まったくない。発注者にはその意識は微塵もない。発注者だもの。某広告代理店の問題もそれしかない、が、俺の経験上の解釈。」

中ちゃん(オッサン) 

はじめて真剣に受験するオッサンのブログ横のツイート2017.10.31

今日の一冊。

嗚呼次が決まらない・・・

この本で予習しよこうか・・・。

https://www.amazon.co.jp/TOKYO-0%E5%86%86%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9-0%E5%86%86%E7%94%9F%E6%B4%BB-%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%9D%82%E5%8F%A3/dp/4309410820/ref=asap_bc?ie=UTF8

この本面白い。

特殊部隊のサバイバル読本よりもクォリティ高い。

仕事探すのに会社のホームページ覗いてるが、大抵、

住宅新築、リフォーム、リノベーションなどと謳ってあるが、ホントにリノベーションまでやってるのかが疑わしいのばっか。

建築事例やスタッフ見てても大規模なリフォーム施工事例やん。

店舗の新築やん。

リノベーションやってないやん。

大体が最後にリノベーションと付け足してあるだけやん。

流行でなんとなくカッコ良くて今風っぽいから付け足してあるのがありありなページばっか。

リノベーションのノウハウがそんなに急速に急激に業界に浸透するかっての!。

地域考えろ。東京じゃあるまいし。斜陽な工業都市なのに。

真面目にリノベーション考えてる設計士はどうなるんだ!。

そんな会社は行かん。どうせ次の波が来てもリノベーションのノウハウ身に付ける前に次に乗り移ってホームページ上じゃ「リノベーション」の文字消し忘れてるんだろうよ。

しょうもない。

すぐ右から左に向き替えるという節操の無さというか業界の狭さと言うか・・・。

2017年12月14日 (木)

そういえば。

面接行ったトコに「質問ありませんか」と言われたので

「御社のリノベーションはいままでどういったものを手がけたのでしょうか」

と聞いた。

逆にあなたの思われるリノベーションとはとか聞いてきた。

中古マンションを1棟買い取り独身OLの方向けにセキュリティ高め家具を持ち込まなくていいよう収納を増やして・・・」

「不動産業者からの中古戸建て物件を内外装扱って・・・」

それ、リノベーションやないやん。大規模な増改築やん。

しかも聞くとそれ1件らしい。

さらに不動産業者ってあなたの会社、不動産部門あるやん。

終いに「あなたの思われるリノベーションとは温度差があるようですねっふふっ」

以上、社長。

そんなねぇ!流行の言葉散りばめただけで。流行に左右されてる奴やん。

昔のファッション雑誌の見本そのままのカッコしてた奴と構造変わらんやん。

「これね、もうダサい。今のトレンドはこれだよ。」とスタイルスタンスがコロコロ変わってた奴と変わらんやん。 

字面で自己満足すな!。

畜生。その場でツッコんどきゃよかった。

アタマ回らんので、こうして思い出し文章化してると出来るんだけど。

«疑問。