2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« | トップページ | ポストの中の一枚の葉書。 »

2013年2月11日 (月)

また思い出した話。(直江喜一さんの生き様を見て。)

人のブログに投稿したコメントと重複するが、金八の加藤役を演じてた人が現在どうしてるか10年以上前、新聞記事で見た。

二級建築士は合格したが、一級建築士は何度も挑戦してるが忙しい実務との両立に苦戦しているようだった。

この当時私は確か、二級の学科には合格したものの製図で落ちたところだった。

結局二級は取れず終いなのだがこのときはまだ知る由も無い。

「へ~加藤役の人が一級か~。難しいよなぁ一級は。」

最近当時の新聞記事を思い出す。

金八後、役に恵まれず、アルバイトで生計を立てながら役者をやってたが、家族が居ることもあり、役者をやめ、畑違いの建築の仕事に就いたこと。

で、今は営業所長をされておられる。

あれほどの演技力を持ちながら、アルバイトでしのぐ日々の気持ちはどんなだったんだろう。

役者を続けることを断念した気持ちはどんなだったんだろうか。

転職してあまりのツブシの利かなさな自分にあきれたおれ。

役者から建築の世界に入ったこの方は仕事に慣れるのも一苦労だったろう。

苦しくつらい日々をどう乗り越えていったのか気になる。

ちなみにわたしは金八のコアなファンではない。

ドラマとか芸能人にも興味無い。TV自体あまり見ない。というより、地上波デジタルがなぜか映らない。無理矢理BSで間に合わせてる。

BSが面白くないときはラジオ。

で、ラジオが面白くないときは・・・・。

自分で面白いことを考えてみる。

が、そうそう面白いことなんて思いつかない。

思いつかないときは思い切って、

寝てしまう。が一級受験を決意する前のパターン。

そういえばセンセのご友人に建築から役者という先述とは真逆のパターンの人生を送ってらっしゃる方がいる。

このパターンはなぜかあまり興味無い。

ユーチューブの贈る言葉とかを載せてみたいが技術無く、断念。ここまで。

だが、2015年現在貼れるようになったので貼ります。

« | トップページ | ポストの中の一枚の葉書。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

こにちは
Mimiです。
金八先生の加藤君
腐ったみかんのやつですね・・・。

金八最終回スペシャルの加藤君を見てうちの長男曰く
『このおっさんがあの加藤?』
でも金八先生に説教するところは感動したそうです。
俳優を断念して
現場監督をやって営業やって
何か参考になっています・・・。

こんばんは。
金八ファンではないわたしにとっては俳優時代のご活躍もさることながら、人生の岐路での決断とその後の生き方に心底感銘を受けております。なんか涙が出そうになる。
で、わたしは「人として。」と「贈る言葉。」を一級建築士受験の
テーマ曲に選びました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また思い出した話。(直江喜一さんの生き様を見て。):

« | トップページ | ポストの中の一枚の葉書。 »