2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« 今日のツイート。 | トップページ | 施工科目ってしんどいし、やりがいも感じない。 »

2015年2月22日 (日)

力学と施工。

施工科目でコンクリートの鉛直打継部はスパンの中央に持ってくるとある。現場でも打継部

は中央に持ってくる。

もし端部に持っていくとどうなるのだろう?。

質問しようと思ったが、ここで力学のコード12031の解法が思い浮かぶ。

この問題の設問は水平荷重。

解説途中の曲げモーメント図見ると、柱、梁スラブにモ-メント応力が、

むっちゃかかってる。

端部に鉛直打継部を持っていったとき用の構造計算ってあるのだろうか?。

あるわけないよな。

適切な施工を前提としたうえでの構造計算だろう。

おー。今日はいい事言ったな~。

これでも元いいともレギュラー

« 今日のツイート。 | トップページ | 施工科目ってしんどいし、やりがいも感じない。 »

計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力学と施工。:

« 今日のツイート。 | トップページ | 施工科目ってしんどいし、やりがいも感じない。 »