2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« 面接日が急に決まるというひとりごと。 | トップページ | tatsumiさんと電話でお話。 »

2015年4月13日 (月)

まっくす理論。構造文章編。

コード04172

組立材のつづり材などを除いた構造上主要な部材の最小接合は,溶接の場合,最小3t以上の耐力を有する必要がある.

○。

数字を問う問題だが、項目の大枠ではないと判断。

問題の意味分からんがこの問題を×としてイジりにくいとも判断。

よって○とした。

コード17173も意味分からんが、同様の判断とした。

コ柱脚の形式に根巻型を用いる場合,根巻き高さを柱幅(柱の見付け幅のうち大きいほう)の2.5倍とし,根巻き頂部のせん断補強筋を密に配置した.

完全に理解したとして、その問題が項目の大枠から外れていれば全科目トータルで見た時、やはり大枠の流れを掴むのが最優先ではないだろうか?。

大枠から外れていれば出題される可能性も低くなるはずだし、4択で並べばそういう問題は絞り易いはず。

ではその問題が大枠なのか大枠でないのかの具体的基準は?。

分からん!。

« 面接日が急に決まるというひとりごと。 | トップページ | tatsumiさんと電話でお話。 »

構造文章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まっくす理論。構造文章編。:

« 面接日が急に決まるというひとりごと。 | トップページ | tatsumiさんと電話でお話。 »