2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« つれづれと・・・。 | トップページ | 大阪で。 »

2015年10月 7日 (水)

また、しばらくは更新出来ないかもだけど。

Web講義では「解説部分の流し読み」のすゝめがある。

25年初受験以来、

「なんでのっけから解説読むの?。ダメだろ~。」←ペンギンさんの言う勉強の苦手な人の典型である。

施工の一発目、施工計画

3~12までの問題の解説部分の流し読みしてみた。

その感想。

3~12のこの項目は比較的優しい問題群だが、

古今東西セオリーであろう、問題→解説ではその問題のポイントが部分が見えにくく全く違う部分でつまずき時間と労力を費やす恐れが出てくる。と思った。

問題文読んだ時点で、思い込みや決め打ちが重なるときがある。そして、理解度低いクセしてこの項目で不正答になるわけないなどとヘンなプライドも見えてきた。

そんなわけで、あれ、なんでだろう?。意味わからん。とかなる。

その問題が×問なら、なおさらポイントが浮かび上がってこない。

じゃあこういう時はどうなんだとか屁理屈を瞬時に組み立てた挙句、分からんわからんまだ8000問以上もあるのに・・・とモチベーションを下げる。

解説→問題文だとその問題文のポイントが見えてきて、変なところでつまずいたり立ち止まったりしない。

×問だとその問題のクセが掴みやすい。

余計な事を頭の中で盛り込みがちな私にはうってつけな方法ですな~。

« つれづれと・・・。 | トップページ | 大阪で。 »

施工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また、しばらくは更新出来ないかもだけど。:

« つれづれと・・・。 | トップページ | 大阪で。 »