2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« 防火区画。 | トップページ | 今日のツイート。 »

2017年6月10日 (土)

何回も間違うところ。

16033

建築物の地階(倉庫及び機械室の用途に供する.)で,水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積1/5であるものは,当該建築物の階数に算入しない.

×

14182

共同住宅の共用の廊下又は階段の用に供する部分及びエレベーターの昇降路の用に供する部分の床面積は,建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には算入しない.

×

何回も間違う。

マンション的な簡単な平面図書き、

共用廊下、階段ー赤斜線ー緩和あり

EV-青斜線ー緩和なし

延べ床面積ー容積率

1/8-階数

と書き込む。

こんなん書いても時間経って見返したらたぶん書いた本人でも分からんだろうな。

そんなメモ的なもの。

すると、高層建物が不利にならないように容積率緩和はあるが、あまりに建築物の高さが高くなってしまう。

あっそのための用途地域であり、斜線制限なのか

と繋がる。

で、廊下、階段は緩和あってなぜEVは緩和にならないのだろうか?。

EVシャフトってそもそも床が無い。

床がない部分に関しては延床面積の緩和は適用されるわけない。

そーかそーか。

13年から問題やってみたが、ポイントを押さえる視点はついたものの、ケアレスミスが多い。

23021

事務所の用途に供する建築物の屋上部分に設ける階段室の水平投影面積の合計が,当該建築物の建築面積の1/8以内の場合であっても,当該階段室の床面積は,当該建築物の延べ面積に算入する.

何回も間違う。

延床の問題やってるうちにごっちゃになる。

« 防火区画。 | トップページ | 今日のツイート。 »

法規」カテゴリの記事

コメント

14182、合格物語最新版でやってますか?
法52条6項、よく読んでください。

匿名さん、
初めまして。
合物は・・・、最新版ではないんです。
2017年法令集の52条6項読みました。
EVも緩和対象になってました。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何回も間違うところ。:

« 防火区画。 | トップページ | 今日のツイート。 »