2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« 既存不適格 | トップページ | 今日のツイート »

2017年11月21日 (火)

既存不適格2~構築された強固な思考プロセス~

解説読んでも分からない問題に直面したとき今後どう身を処していくか?。

これまでとおり、分かるまで粘ってみる。分からないはずがないから。というふうに進み、いや、分かってから進みたい。だって分からない問題がこれから出ても対処できるかもしれないから。

条文ー構成や意味が分からないー条文が何を言いたいのかが分からないー解説読んでも分からないー出題意図が分からない

問題ー大小項目の問題ボリュームー何を聞いてるのか分からないー解説読んでも分からないー出題意図が分からない。

分からないの強固な思考プロセスが出来上がってもはや脱却不能。

新しい考えが入る余地が無くなっている。

解説読んでも分からないときは条文読んでも原文が読解不能。

原文読解不能なときは解説読んでも分からない。

この状態で分かるまで理解するのは難しい。

もっと単純化すると、

問題ー解説読んでも分からない。

ん?こういうことか!

合物アナウンスで再三解説だけ読み進めてくださいとあるのは!

解説読んでも分からないところをむしろ把握する。

ほかの問題に触れて、条文が何を言いたいのか問題が何を聞いているのか見えてくるのを待とう。

分からないけど次に進むって先が見えないからやっぱり完全理解してという考えになるが、

これやり続けてうまく行った事ない。

開き直って逆にわざと理解するまでやってグダグダになったら終わりという風に進めようか

そっちのほうがうまく行くかも

それか理解はどうでもいいから気楽に進めようというふうにするか

いずれにせよ今までの考えは完全に捨てる。

« 既存不適格 | トップページ | 今日のツイート »

法規」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 既存不適格2~構築された強固な思考プロセス~:

« 既存不適格 | トップページ | 今日のツイート »