2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« 近況。 | トップページ | 我思う。そして最近気付く。 »

2017年12月10日 (日)

近況を脈絡も無く。

11月はじめ、アフター係長が亡くなり通夜へ行った。強引に退社させられた身なので他支店の人間はまるでわしが違う支店へ移動になったから姿見せないという設定を固持しつつよそよそしく接する姿が白々しい。

アフター係長のいた支店や本社の人はそれらとは反し温かい目線。

会社関係で係長と会ったのはわしが最後だったらしい。

亡き姿は最後に会った時よりも痩せてた。

たしがいた。いーやんも。既に退社したのに見ただけでストレス。ムカついてくる。

たしが呼んでたが、無視した。用は無いから。

最後は本社の人に再度「お元気で~」と挨拶。PC管理部門の課長殿も律儀に来られてた。

この課長、ホント、アフター課が好きなんだな。課長殿。鬼嫁と仲良くされて下さい。わしが鬼嫁とお会いしたときは感じ良い奥様でしたよ。

一昨日は面接行ってきた。一週間を目安に返事するらしい。

洒落た会社なんでたぶん落ちただろう。社長、リフォーム統括責任者、人事兼総務責任者3人。3人とも長崎出身とのことで思いのほか話しが出来た。

リフォーム統括責任者の言葉が気になる・・・。

(この人、建築屋の匂いが微塵もしない。優秀な販売スタッフといった感じ)

「あなたが会社に及ぼす影響は大きいです。他のスタッフにも影響を与えます。ですから良くありがちな残業を重ねて次の日疲れた顔でお客様と接されるとマイナスです。お客様と社員はお互いウィンウィンの関係を築きたいんです。ですからプライベートも充実してもらいたい。だから趣味とか仕事以外の目標を聞いているんです。」

だって。今までと違うなー。

しかし瓦屋もえらく毛色の違う会社紹介してくれたもんだのう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この動画は上記の近況とは関係ない。

わしはこの方が使い倒している型と同じものを持ってる。17年前店頭では新品で売ってた。このとき既に全自動が主流。すぐ後にデジカメが普及する。

わしは撮るものを見つける前にフィルムがもったいないとかおもう。

プリントあがっても思っていたよりも写ってないことにびっくりする。

カメラの設定を誤って真っ暗だったの意味でなく。

表現は難しい。カメラがあれば物理的に写るものと思ってたが、自分の考えというかコンセプトが無いと写らない。それもとてつもなくはっきりとしたものが無いと。

ニュースで地元福岡の写真家が紹介されてた。ストリートスナップだが、映像見ていて

なんか嫌だなとおもう。普通な写真だろうなとおもう。

おしゃれな若者を主体に撮影されている方。福岡の移り変わりを残していきたいという思いでされておられるとのこと。

作品紹介されたが、今風なおしゃれな写真以外は感じなかった。

というわけで写真は簡単には写らない媒体なんで、わしには難しい。

こういった場合の身の処し方としては

「このカメラはシャッター音が良い。」

「黒塗装の質感が良い」

「ここにプラ製部品使ってるが構造や使用上関係ない」

「作りこみがいい」

「でもフラッグシップ機の方がやっぱり良い」

カメラそのものに収斂するしかない。

それか撮るものがないから自分を撮影したが枠からはみだしてたりピンボケしてたり

なおかつじぶんの顔がなんともダサいというか変な顔してる。

これは放送禁止

今、フルオートのF5で撮ってるがそもそもの考えが無いから上がりも期待してない。

« 近況。 | トップページ | 我思う。そして最近気付く。 »

切り売り人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近況を脈絡も無く。:

« 近況。 | トップページ | 我思う。そして最近気付く。 »