2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« フルカワとイケダ。 | トップページ | 山賀とモリ。 »

2018年4月12日 (木)

フルカワと磯辺揚げ。

フルカワは過去、

給食が磯辺揚げの日に休んだり磯辺揚げを机の中に隠していた黒歴史もあり

万策尽き泣く泣く食ってた。

ホントにワンワン泣きながら鼻をつまんで食う。昼休みがまるまる無くなるほど嫌々食う。

我々も万策尽きた奴だから磯辺揚げの日は「フルカワがまた泣く」と 決め込みそれ以上の予測なんてしなかった・・・。

その磯辺揚げの当日、フルカワは来年定年の担任のオバハン先生に、こともあろうに、

「先生っ!わたしは磯辺揚げは食べれませんっ」

このオバハン先生、クラスのメガネの秀才が、

「将来は新幹線の運転士になりたい」という夢に対し

「頭良くても視力が悪い人は成れません。せいぜい田舎の駅の切符のモギリでしょう。そんなの目指してください」

と言い捨てる先生だった。わたしからすればこんな奴は教育者でもなんでもない。が昔はこんな奴いっぱいいたわ。

そんなオバハンにフルカワの理屈は通用するまでも無く、

「好き嫌いなく食べなさい」で終わる。しかしフルカワは

「いえ!嫌いです。食べません。」と言い放つではないか。

これが昔のオバハン教師の癇に障り激しく怒られてた。

誰しもフルカワは万事休す。後も無し。と決め打ちしてた。

給食の時間。

真正面の私に向かって

「ねえ!おれの磯部揚げとお前のおかず交換せん?」と抜かす。

「いや、交換しよう。」

「絶対交換!」

「今これで決まった。」

これには女子も

「アンタ何言ってんの」

「おれはまっくすと約束した」と抜かす。

「約束してない」

ここでモリが

「フルカワ君の磯辺揚げとまっくすの磯辺揚げ交換すれば?」

「おれ、約束して無いだろ、食えよ磯辺揚げ。食え!」

フルカワは

「じゃあ、お前の食パンでいいからさ。ホントは割が合わんけど勘弁してやる。あとジャムとマーガリンもくれよ。」

「やらん。食え」

「あっあぁ~。そしたら磯辺揚げやる代わりに絵の具を・・・・」

「フルカワさぁ、お前図々しいんたい。ヴァかか!」

「磯辺揚げやる。只でやる。やる。無条件でやる。」

「いらん。食え」

はぁー。なんでお前が一緒の班なんだ。

フルカワといい山賀といい周囲にロクな奴が居ない。

必ず入江とは離されるし

唯一の救いはモリだ。

« フルカワとイケダ。 | トップページ | 山賀とモリ。 »

切り売り人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルカワと磯辺揚げ。:

« フルカワとイケダ。 | トップページ | 山賀とモリ。 »