2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« フルカワと磯辺揚げ。 | トップページ | 高須君と松本君へ »

2018年4月13日 (金)

山賀とモリ。

今、熊本。残りの荷物を引き上げる。

小学6年生の頃、モリと一緒に帰宅中の頃、たまたま山賀の事が挙がった

「まっくすは山賀が嫌いなんね」

「しつこいし嫌なことしてくるけど成績いいから先生から咎められることも無い」

「エロいし、しつこい」

「山賀のさーお父さんの週刊誌にエロいページがあるから今度見に来いだとかしつこいんだ」

「・・・あのさ、まだみんなに言ってないんだけど・・・」

モリがポツポツしゃべりだす。

「山賀ん家に漫画雑誌のコミックボンボンあるやろ?」

「そのボンボンの中にエロいトコだけの切り抜き挟んであってん」

「人型に丁寧に切り抜いたやつが。それが1枚2枚じゃない。大量に挟んどった。それもあらゆるボンボンに細かく分けて挟んどった~。」

どういう風なエロい切り抜きだったかだとか詳細をモリに聞いた。

「女の人がーパンツ穿いてておっぱい出してて―・・・オマエ、いちいち細かく聞くな!」

「他は!他はどんなんがあった?この際言うてみっ!」

「ヘンなトコでこだわるなっとにかくエロい切り抜きだ。」

「モリ!。あいつならあり得る。オマエの話に一切ウソは無いとみた!」

「お前の話は全て信じる」

「・・・・・・・・・・・まっくすってさぁ、勉強出来んしスポーツも出来んし足も遅いしクラスの主力男子から疎まれてるし、しかも女子からも人気無いというかぁ、嫌われてるし。」

「先生からも目ぇ付けられてるし、屁の振り逃げだけ上手いだけで何の取り得も無いけど、オマエっていい奴だなぁ」

ちょっと待て!モリ。

勉強出来んしスポーツも出来んし足も遅いのは分かる。でもそれは今だけだ。

なぜならオレは天才だからだ。

クラスの主力男子から疎まれてる?だれが主力だ?何ぃ?バシオカ?ウチ?

あんな奴らのどこが主力だ。しょーもない。とんねるずのコピーだけやんけ!

しかも女子からも人気無いというかぁ、嫌われてるしってなんだ?。

確かにそうだ。それもたぶん今だけだ。とおもうけどなー。

あの先生がレヴェル低いだけやってあんなん。

ひときしり反論した後、疑問が沸き起こった。

「モリはその切り抜き、どうやって発見したん?。」

聞くとその前から漫画読みに山賀の家に行ってたのだが、その場で作る山賀ルールが半端ではなく、読んではいけない漫画の数など規制が多く、学校では決して見せない威張りぶりが腹立ってしょうがなかった。と。

あまりに何かを隠す様子がおかしいから「次は・・・」「今度は調べよう」とう密かに計画練った上での山賀ん家潜入捜査らしかった。

その日もやたらと威張り、行くたびに増えるルールに辟易しながらもポーカーフェイス作って黙ってチャンスを伺うと

「この棚からこの棚までのボンボンは読んではいけない。」

「読んでいいのはここからここまでだけ!」

大量の漫画群の中4~5冊しか読む漫画の無い可哀想なモリ。

「いいか!オレはいまから便所行く!。」

「便所行ってる間禁止のボンボン読んだらあとがひどいぞ!。」

「いいか!こっそり読んでもすぐ分かるからな!。」

「すぐ戻ってくるからな」

モリはしばらく待ってたらしいが一向に便所から戻ってくる気配感じないから山賀はこっそりクソ垂れてるんじゃないかと便所の近くまでいくとウンコ臭くも無いし、静かだし、しばらく戻ってこんと踏みモリが捜査してみたら大量の切り抜きの挟み込み発見と相成った。

その後の山賀の地位の崩れ方がとてつもなく脆かった。

クラスのイキりなバシオカやウチからしつこく

「えろ!」

「エロ!」

「エロっ!」

「エロ?」

言われてた。

しかしモリがここまで勘が鋭く、絶妙で巧妙な策略家とは思わなかった。

山賀はこんなことあったからか、学校ちょくちょく休むようになった。

小学校卒業と同時に引っ越した。進学のため成績の良い中学校や有名進学塾の近い地域に。

その後地元屈指の公立の高校に入った。大学は聞いて無いが東京の大学らしい。

私立か国立か知らないが、誰もが知ってる有名大学に入ったらしい。

モリはと言えば、20代の頃ローソンでバイトしてるとこ見た。モリもわたしに気付いたが話はしなかった。

数年前FBで見た。

バシオカは若さや知的アピールちりばめてて相変わらずしょーもない。

モリは今東京にいるらしい。ルームメイト募集してた。

どうも持ち味である策略家を発揮出来て無いようだ。

時を経て立ち消える才能を見過ごしたまま無常に流れる時の流れの非情さとともに

子供の才能引き出して育てることは出来んものかと政治や行政の在り方とか家庭の教育とかを考えさせられる。

わたしは言わずもがな勉強出来んし仕事も出来んし話出来んし面白くないつまらんやつと思われてるし、上司からはいびられるし同僚からはうまく立ち回られ分の悪い思いするし、年下の現場知らんやつから説教されるし、しかも全世代の女子からも人気無いというかぁ。

・・・・・・・。はぁ~

« フルカワと磯辺揚げ。 | トップページ | 高須君と松本君へ »

切り売り人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山賀とモリ。:

« フルカワと磯辺揚げ。 | トップページ | 高須君と松本君へ »