2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« とっても地味で分かりにくいオレンジタテの強み | トップページ | 続Y本。 »

2018年4月22日 (日)

Y本。

高校の頃柔道部に入った。

中学の頃から柔道やってたY本やクンノリとバラバラの中学から高校で知り合う。

K士館出身の顧問2は高校柔道では珍しい寝技重視の柔道を取り入れてた。

「寝技は奥が深い」「立ち技は天性の反射神経や運動神経が最後にモノを言う。センス。だけど寝技にセンスは関係しない。身につき難いが努力した分身につく。」

「立ち技と違い技術が落ちにくい」

総合で打撃系の選手が寝技身につけ難いのはモノにするのに時間がかかるからかも。

ちなみに顧問1はヨーダ顔で頭から首に掛けてのラインから「亀」と呼ばれていた!。

九州の高校柔道界では知られていた。

Y本は東京の大学に進学し始めの頃、よく電話を掛けてきた。

大学が面白くなく、柔道部自体ダサいから部活も行ってないという。

つづく!。

« とっても地味で分かりにくいオレンジタテの強み | トップページ | 続Y本。 »

切り売り人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Y本。:

« とっても地味で分かりにくいオレンジタテの強み | トップページ | 続Y本。 »