2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月の8件の記事

2019年8月24日 (土)

23年前の思い出したこと

専門学校時代のこと。松永先生が「住吉の長屋」って好きじゃないっていう。

当時は部屋を移動するのに外に出て中庭を通過しないといけないという強制的に天候と向かい合うことで自然というものに対峙せざるを得ない動線をつくりあげ、自然と共存した日本家屋の要素を取り入れたプランがとてつもなくスパルタンで凄いと感じた。

なぜ松永先生が好きじゃないかというと、

「おまえ、NHK見た?中庭の向こう側の部屋のおじいさんがカメラをじっとみてたよね。寂しそうに。あの中庭って家族を断絶してない?住宅ってそうあるべきかな?だからあれ好きじゃないの」

23年経過し感性も何もかも鈍化した今なぜか住吉の長屋がいいと思わなくなった。四角いRC打ち放し仕上げがカッコいいとも思わなくなった。プランがスパルタンだとも思わなくなった。

単に住みにくい家としか思わなくなった。

当時のあのおかっぱ頭で「寒い?じゃ違うところで設計依頼してください」

インタビューの断片思い出すと横柄なオッサンとしか記憶が無い。

本人が当に住んでない。

入居者が幾度も替わってる。

だからいいと思わない。

どうせならRC打ち放しでビラミッドでも設計しろと思う。

これは自分自身が退化したのだろうか?

きっとそうだろう。

だから、有名でメディアが取り上げるからって良くないと思ったら良くない思うのが大事なんじゃないだろうか。

有名な建築家だからって「へぇーすごーい」で終わるのならなぜ君らは難関の一級建築士を受験してるのだろう。

俺は反省しないといけない。

2019年8月20日 (火)

絶対上手くいかない。

おれのアイディアを勝手に許可もなくパクってるやつがいるがそんなバカでケチな根性はすぐに見透かされる。だから絶対上手くいかない。

手指の動かし方から歩くときの爪先の出し方加減からクソ垂れる前の便所のドアの開け閉め音からすぐ分かる。

なんとなくのイメージの輪郭だけなぞって本質のないものは 

「何にもできません」と言ってるのに等しい。

それは何もやってない。実態が無い。

そういうのは数年も持たない。

2019年8月12日 (月)

降下して

必要不可欠な装備はみんな溶けてしまった。

使用禁止の無線からは俺を乞う声が入り乱れて聞こえる。

無線は切った。

お互いの位置を特定されるからだ。テレパシーでヒックスに繋がった。「降下地点付近の森へ逃げて伏せ続けろ。擬態スーツと地雷センサーを訓練通り上手く使え。ボックスを開けろ。」と指示した

俺はバドウェアとヒックスと違ってテレパシーなど超能力は無い。

ただ二人はしきりに俺にはあると抜かす。超能力などあったら猛勉強して大学なんか行かない。子供の頃から猛勉強してたから特別奨学生にも選ばれたのに。

ああ。さっきからひとの気配がする。高級将校の臭いがする。

20分ほど伏せていると足音がして声が聞こえる。


Die Fliegen fielen wie geplant. Da es Sensoren und Landminen gibt, lassen Sie nur zwei Panzer und Kampfroboter und fahren Sie in die Stadt. Beide Fliegen sind am nervigsten, aber jetzt hat das Stadtgeschwader Vorrang!・・・・

遅ればせながら

チコちゃんに叱られるという番組があるが

「ボーッと生きてんじゃねえよ」

語句が正しくないかもだが昨年話題になった。

 生き方を模索し続けた身からしたら特段何も響かない。

しかしこれはあんまりだろう。バカにしてるにもほどがある。

災害でいまだ苦しんでいる人もいるなかで公共の電波使ってこんなの流すな。

こんなのが話題になるのは我々の生きる力が低下してるのだと思う。

昨日のツイート

合格者達の勉強法ってペンギンにしては面白くない。書き直し方がいいと思う

2019年8月 4日 (日)

大気圏外中。

降下途中、敵の砲撃で俺だけ飛ばされ着地点から大幅に遠ざかる。

他の隊員も目視と簡易レーダーで指揮官が飛ばされたことは知ってる。

降下直後の無線ないし個人の端末の使用は禁じてたが無線からは俺を呼ぶ声がひっきりなしに立て続けに入る。

「無線は切れ。エアカーテンを使い伏せろ。ライトラインを無駄打ちするな。」と一部の兵士にだけ伝えた。

無線以外の方法で。

信じないだろうがテレパシーでバドウェアとヒックスに意思疎通出来るんだ。

猛者の集まりが禁止の無線使うということ。

それは深刻な戦局不利を示している。

重ねて収斂型ライトラインに絶大な信頼を寄せる大半の部下達。

収斂型を所持してないのは収斂ユニット非対応の旧型バトルライフルを愛する変人バドウェアとヒックスだけ。

弾薬使う俺は変人越えてるが。

驚異の非収斂率。

パンカーのバドウェア。しのいでくれ。

敵の戦闘ロボットを生身の兵士が潰す事を「パンクさせる」と表現する。

一人で複数の戦闘ロボットをパンクさせた兵士は「パンカー」の称号を与えられ一目置かれるが一瞬のタイミングのずれで焼け焦げるか体が平らになって地面にへばりつく。

ライトラインが正式採用になってレミントンやイギリスのメーカー除き、名だたる銃器メーカーが影を潜めて替わりに台頭したのが日本のパナソニック。

家電で中国にシェアを奪われるまえは洗濯機とか作ってたメーカーが。だ。

日本が武器製造輸出の規制を完全撤廃してからはシェア独占している。どうやら中国も模倣出来ないようだ。

アメリカ人アーマライト社の社員を押し退けてパナソニックの社員証ぶら下げた日本人が基地を練り歩き自社のアサルトライフルをレクチャーする様はまるで家電の使用説明してるかのようだし将校と歓談してる光景はなんとも気持ち悪い。

そんなこと思い出しながら砲撃で損傷したエアカーテンや給水ユニット、擬態スーツと防弾液らを廃棄した。



2019年8月 3日 (土)

時代不明の地球でのある時ある場所。

敵の射撃が正確過ぎる。段々と輸送機の衝撃が激しくなる。装甲板第3層目まで到達しているからだ。堅牢がウリのこの輸送機も先程の直撃でフレームが破壊された。溶解泡と溶接テープで応急処置したが剛性も耐弾性も著しく低下しているが一番の損失は直撃の際大佐殿が吹っ飛んで即死したことだ。

「軍曹殿!輸送機の推進エンジンが被弾で破壊してます。降下命令を!」

エンジンの被弾は知ってたがそれくらいではこの輸送機は墜ちない。

「ああ。墜ちねえよ。内部スタビライザーが生きてる限りは。」

すると俺と同期のバドウェアが言いにくそうに「なぁマックス。大佐殿が戦死された今お前が指揮官だ。もっとさぁ若い空挺の奴らを安心させろよ。」

空挺の猛者どもが不安がってる。そりゃそうだろう大佐が死んだことは想定外だったし代理指揮官の俺の装備が旧すぎるからだろう。なんせ先進国が採用をとっくにやめた火薬方式の弾薬が必要なライフルを未だに使ってるから。

銃がライトラインになってから数十年経つ。それと

俺がパンカーであり情報技術畑の特殊部隊軍曹で情報分析官だから奇異にうつるのだろう。

大佐殿の戦死は痛いがそのことや機体の損傷状況よりも降下着地後の索敵と戦闘を懸念している。

「軍曹!推進エンジンが!」

エンジン部品と装甲板3層目と装甲液体がバラバラになって浮遊している。

コクピットへ向かいパイロットに現在位置を聞いたうえで今からの行動をパイロットに報告する

「これより降下準備に入る。一番最後の俺が降下したと同時にお前らも降下だ。いいかくれぐれもはぐれるな。足骨折するな。俺がいるからにはお前らを必ず基地へ返す。」

「この操縦ロボットも一緒に降下だ。」

輸送室へ戻り「現在目的地上空。今まで通り落ち着いて降下しろ。一緒に降下するパイロットを絶対見失うな。」

ハッチを開けると急に体がフワリと浮く。眼下には地球が見える。

「降下。降下。降下。」

パイロットたちの見事な降下状況も見届けた。機体が爆発しないようエネルギーポッドを内部へ潜り込ませて内部スタビライザーを外して敵の射撃を機体に集中させ撹乱させている。

無事の降下よりも敵の戦闘ロボットと対峙したときを懸念している。

ライトライン。光を集めた物体を放つアサルトライフルだから雨天時は撃てない。湿気の多い日も威力や命中精度が落ちる。

最近部隊で好まれてるのは「収斂型」という光が敵装甲を貫通しやすいタイプでこれのデメリットを再三伝えたがM系アサルトライフルに信頼を寄せてる空挺もレンジャーもコマンドも聞く耳を持たない。俺、パンカーなのに。

最近の敵戦闘ロボットは簡素な構造になってる。重厚な精密高精度なモノ作りで名を轟かせる国なのに。敢えて貫通させやすくしてる意図が伺える

ライトラインが放つ光がロボット内部で乱反射してダメージを与えるのだが貫通してはロボットは壊れない。射撃数が増えて簡単に充電がカラになる。

水充電方式ということもこちらは分が悪い。

なんせ敵は空気充電方式だから。我が軍は敵の空気充電方式を甘く見ている。

こんな合理的な方式は無いのに。これも発信したが受け合ってもらえない。再三言うが俺パンカーなのに。

情報分析官で特殊部隊で狙撃手でパンカーって肩書きそうそうないとおもう。




タイトルない

ことしは二級は受けたが一級は受けてない。

その二級も全然ダメだった。

とかく昨年から仕事変わったり場所変わったりで超流動的だった。

もうモチベーションも削がれた感じ。

したいことしたい。資格試験は受けたくない。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »