2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

野口晴哉


フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「まっくす書店」の6件の記事

2019年1月12日 (土)

売れる(と思う)本。

法令集の読み方に特化した本をウラ指導で出せば売れると思う。
薄くてもいい。
それは買ってすぐ読まなくなる既存の法令解説本ではない。
出版後経過して相対的に最新の法令対応でなくなってもあくまで読み方だから読者側である程度はカバー出来ると思う。
法令解説本って解説読んで分かった気になるが、条文と照らし合わせて
「なんでこの条文がこういう解釈になるんだ」となるから。
読み方ガイド的な本が出たら建築士受験生以外の需要も満たせるかと思う。

2018年12月22日 (土)

新装版法規のウラ指導。

全教科を網羅した市販本の巻頭巻末を見てみると監修者が9人ほど関わってるテキストがあるが分かりにくい。それに対し、ウラ指導では実質二人。ありさんゴマさん。
法規のウラ指導はペンギンさんとありさんの二人。
二人だけで分かりやすい本を作っている。
これだけで特筆ものである。と最近思う。
ただそんだけ。

新装版法規のウラ指導で思ったこと。

解説読んでて感じた。
「法令集って難解だけども思ってるほど難しくないでー。何回も令に飛ぶことあってもホラここ書いてるでー。意味はこうや!。ここ押さえて体系的に自分でまとめたらええねん!。」
という作者の意図が伝わってくる。
作者の意図は出題者の意図と同等と思う。
これだとありさんやペンギンさんが今まで言ってた事とも一致する。

この解釈で間違いないと思う。

2018年12月 7日 (金)

今日のツイート。

新しい法規のウラ指導の法令集作成は従前のオレンジ縦から緑本に替わってるやん。
さっき知った。
書店でそこまで見てなかった。

法規のウラ指導と法令集を買うた。

昨年はウラ指導のインデックスが手に入らなかったが無いと都合が悪かった。
やっぱウラ指導のインデックスが一番。
書籍は見易くなってた。
どうしてこれを書籍に盛り込まないのか?っていうところも今回は挟んでて、「又は若しくは」の解説なんかはそのうちの一つだった。
クオリティは進化してる。独学者はこれは買いだ。買え。絶対買え。
法令集はクエストで吟味して今回は緑にした。めくる回数が減るから。
めくるのって面倒臭いから。(ありさんもし見てたら怒るだろうな)
スルーしがちな着目点だが、めくるストレスって重要。
別表1がひとつのヨコ書きの表としてまとまってるのだけで価値があると思う。

2018年11月30日 (金)

今日のツイート

インデックスはウラシドウオリジナルが使い良い。